■初期設定■
●環境設定画面●
 ※人事情報システムの使用設定を最初に登録する「環境設定」画面です。
 Excelデータ読込≫≫
Excel「初期登録.xlsm」からのデータ読込&登録の機能です。


会社情報≫≫
会社名・担当部署は各帳票に記載用
定年は、退職予定者算出用


扶養申告書等関連≫≫
扶養申告書等印刷システムと連携して、税務申告書作成に利用します。


登録支援マスタ他≫≫
人事情報の各データ登録を円滑且つ迅速に行うための、関連マスタ登録です。
「写真整理」「履歴整理」は、イメージファイルで、システムに存在しない社員のファイルの有無を確認して整理削除します。
セキュリティ≫≫
「Buckup」・・・・登録データを定期的にセーブし、システムの破損に備えます。
「最適化」・・・・使用に伴うシステムファイルの肥大化を適正に正常化します。


パスワード≫≫
システム使用者が、自らパスワードを作成登録し、第三者のシステム利用を防ぎます。


リセット≫≫
システムの登録データを全面的に消去します。
使用開始以外は、使用しないで下さい。

≪≪年齢・勤続基準日
「年齢」「勤続」の算出基準日を本日又は指定日のいずれに選択。


≪≪「西暦」「和暦」選択
「和暦」と「西暦」を切替選択できます。


≪≪顔写真使用選択
顔写真「無し」を選択すると、「社員登録」画面の「顔写真」登録機能は消去され見えなくなります。


≪≪「人事評価」表示選択
人事評価データを社員登録画面・社員カードに、表示するか否か選択します。

≪≪入出力フォルダ登録
ファイルを読込、又は出力するフォルダを選択して登録


≪≪マスタ出力
人事情報システムに登録した主要データをExcelファイルで出力できます。


≪≪マスタ参照
人事情報システムに登録した主要マスタを直接参照できます。


≪≪リボン設定
「リボン」の表示で、使用できる
画面の領域が狭くなります。
リボンは通常は不要ですので、選択ボタンで「無し」を指定してください。 

●リボン表示選択●

■初期データ読込準備■
●Excel登録ファイル●
 ※Excel登録の初期値データファイルの説明シートです。

●Excel社員登録シート●
 ※Excel登録の初期値データファイルの社員「人事データ」シートです。

 
●Excel初期データ読込画面●
  Excel登録の初期値データを読み込む「初期値読込」画面です。
「環境設定」画面の「Excel読込」欄の[初期値]ボタンをクリックすると表示されます。
Excel「初期登録.xlsm」から初期値データを読み込み、人事情報システムに書き込む作業を行う機能を集約しています。

    ※Excelデータの読込に際しては、エラーが発生する原因は多々あります。
     それは、Excelのデータは厳密さが低いため、データベースでは支障が出るものが多いためです。
     そのため、Excelの登録様式を指定した上で、読込は各項目ごとにステップ形式で
     進行するように構成しています。
     各項目ごとに、「読込実行」⇒「読込データ確認」⇒「本番テーブル書込確認」を繰り返して
     慎重に進めてください。
     初期値読込の画面には、それぞれの確認機能を準備しています。
     エラー発生の際は、その原因は、ほぼExcelデータに潜んでいます。
     データベースの読み込みに、こぼれ落ちたデータを、調査して修正の上、再読込を行って下さい。


また、グループ会社に新規に会社登録する場合等で、大量の登録データが発生する場合は、[追加分]ボタンで同様に、
Excel「初期登録.xlsm」からデータを読み込み、人事情報システムに書き込むことが可能です。

日々の、一般的なデータ登録には、登録画面からの手入力をお願いします。
Excelファイルからの読込は、少量のデータの場合、逆に手間が多く掛かり、適しません。

■社員登録画面■
  トップ画面の[社員]ボタンで表示される、社員の固定項目の情報を登録する「社員登録」画面です。
「基礎情報」「保険関係」「家族情報」「自宅地図」「履歴書」の5つのページで構成されます。
画面上部のページタブをクリックして、各ページを表示して下さい。
●ページ1:基礎情報●
● 社員の検索機能 ●
≪リスト表示⇒選択≫ ≪検索ツリー表示⇒選択≫
 ↑            .
社員検索機能が二つあります
 ●顔写真登録●
≪利用方法≫
予め、顔写真のイメージファイル準備します。
そのイメージファイルをシステムに登録します。。
※1. 登録可能なイメージファイルの形式は、拡張子が 、bmp、jpg、jpeg、gif、pngの
5種類です。
※2. イメージファイルは、分かり易い場所に保存し、ファイル名は簡単な略称にして下さい。
※3. システム登録に際して、「Photo」フォルダに指定形式の名称に変えて保管します。
●関連ファイル管理●
     ≪利用方法≫
      関連ファイル欄の[表示ボタン]クリックで起動します。]
      社員の履歴書等関連資料をPDFファイル等にして
      当画面に登録しておくと、簡単に開くことが出来ます。
 
 
●ページ2:保険関係●
●ページ3:家族情報●
●ページ4:自宅地図●
●ページ5:履歴書●
(注) 社員の「自宅地図」表示機能にGoogle地図を利用しています。
Internet Explorerが「Ver.10〜11」の場合、地図表示は適正ですが、
エラーメッセージ『Internet Explorer の互換表示が有効・・・』が表示されます。
この解決方法は、こちら「■地図表示エラー対応■」をご覧ください。
■経歴記録画面■
  社員の各管理項目の記録・履歴を登録する画面です。各項目毎に個別の専用画面を準備しました。
「人事」「学歴」「職歴」「資格」「教育」「健康」「賞罰」「休職」の8項目の登録画面で構成されます。
トップ画面並びに、社員登録画面に経歴記録画面の表示ボタンを設置しています。
新入社員を「社員登録画面」に登録した際は、必ず、人事データを1件以上登録するようにして下さい。
最新日付の人事データが、社員の現在のポジションを表す役割です。
その人事データが全く無いと、社員の認識が正規の扱いに達しません。
●人事登録●
 
 
●学歴登録●
 
●職歴登録●
 
 
●資格・免許登録●
 
●教育登録●
 
 
●健康登録●
 
●賞罰登録●
 
   
●休職登録●
   
 
■ 社員一覧 ■
●社員一覧画面●
■帳票印刷サンプル■
●社員カード●(兼労働者名簿)
●1枚目● ●2枚目●
 
   労働者名簿提出用     ※表題とメモが書き込まれます。

●組織図印刷サンプル●
※会社組織の各部署毎の人員配置と人数構成を自動編集して組織図を印刷します。 

●人員データ印刷サンプル●
 ※社員の人数、平均年齢、平均勤続を算出します。
 
●在職期間●
※社員の「現職」「部署」「資格」「役職」「職種」の各項目で、就任以降の経過期間を算出します。