■Officeの32bit/64bit判別方法解説■
  Windows並びにOfficeをパソコンに搭載する際に、32bit版と64bit版を自由に選択出来るようになりました。
  大量データを高速処理するには、64bitが適しています。Windowsは、映像分野等に、ほぼその特性を生かせるため、
  64bit版の採用が主流です。
  Officeも32bit版と64bit版を自由に選択出来ます。
  Version2016までは、32bitが推奨でした。Version2019以降は64bit推奨に切り替わりました。
  この為、今後、Officeは64bitが主流になります。

  但し、現状は、まだまだ移行途上であり、32bitと64bitの両方が使用されています。

  そこで、注意するべき点は・・・
  Officeがインストール済みで、Accessを追加登録する場合、そのbit数を揃えることが必要です。
  32bitのOffice搭載パソコンに、64bitのAccessを搭載できません。その逆も同様です。

  ついては、現在お使いのOfficeが32bit/64bitいずれなのかが、確かめる方法を解説します。
  下記の手順でOfficeのbit数を確認して頂いて、同じbit数のAccessをインストールして下さい。

●Office2016の場合● 
≪Excel2016のbit数判別方法≫ ※Excel2019もほぼ同じ画面構成です
Excel画面最上段ツールバーの左端にある「ファイル」をクリックすると、Excelのメニューページが表示されます。
その画面の左端にあるメニューリストから「アカウント」をクリックします。
表示されるアカウントページの中にある、「Excelのバージョン情報」をクリックして下さい。
「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の表示」画面が現れます。その画面の最上段に、bit数の表示が記載されています。

≪Access2016のbit数判別方法≫ ※Access2019もほぼ同じ画面構成です
Accessl画面最上段ツールバーの左端にある「ファイル」をクリックすると、Accessのメニューページが表示されます。
その画面の左端にあるメニューリストから「アカウント」をクリックします。
表示されるアカウントページの中にある、「Accessのバージョン情報」をクリックして下さい。
「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の表示」画面が現れます。その画面の最上段に、bit数の表示が記載されています。

●Office2021の場合●
≪Excel2021のbit数判別方法≫
Excel画面最上段ツールバーの左端にある「ファイル」をクリックすると、Excelのメニューページが表示されます。
その画面の左端にあるメニューリストから「アカウント」をクリックします。
表示されるアカウントページの中にある、「Excelのバージョン情報」をクリックして下さい。
「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の表示」画面が現れます。その画面の最上段に、bit数の表示が記載されています。

≪Access2021のbit数判別方法≫
Accessl画面最上段ツールバーの左端にある「ファイル」をクリックすると、Accessのメニューページが表示されます。
その画面の左端にあるメニューリストから「アカウント」をクリックします。
表示されるアカウントページの中にある、「Accessのバージョン情報」をクリックして下さい。
「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の表示」画面が現れます。その画面の最上段に、bit数の表示が記載されています。