■Accessランタイム利用について■


  MK工房のソフトは、Microsoft Access2016、またはAccess2013/2019が、動作可能な環境で使用します。
  但し、Accessを未購入の場合、Accessに代えて、「Accessランタイム」を代用できます。

  Accessランタイムとは、Accessの持っている機能の中で、「ソフト開発」部分を制限し、「ソフト運用」部分
  のみを利用できるように限定したものです。
  この制限は有るものの、Access運用に関してはほとんどの機能を持っています。

  こちらを利用する場合、ランタイムは無償ですので、Access購入費を経費節約できます。
  その利用方法は下記の通りです。

≪Accessランタイムバージョン選択≫
    Accessは、Officeを構成するアプリの一つですので、AccessのバージョンはPCに
    現在搭載しているOfficeに合わせます。
PC搭載Office Accessランタイム選択
Office2016 Access2016ランタイム
Office2019 Office 365 Access ランタイム
Office2021
Office365
●ご参考●
このAccessランタイム版は、初期設定が最大の難物になります。
Access導入に3番目の選択枝として、現在お使いのOfficeにAccessを追加する方法があります。
これは、Access専用Officeソフトの標準版を、別途購入するものです。
Amazon.comで、パソコン2台にインストール可能なAccess2019標準版ソフトを15千円弱で販売しています。ランタイムの初期設定にお困りの場合は、一度ご検討下さい。 
※1. Access2019並びにAccess2021ランタイムは存在しません。
この為、Office2019又はOffice2021をパソコンに搭載している場合、Accessランタイムの
選択は「Office 365 Access ランタイム」になります。
※2.
Office365は、その時点の最新バージョンのOfficeを利用する仕組みです。
Accessランタイムの選択は「Office 365 Access ランタイム」になります。

≪Accessランタイム32bit/64bit選択≫
●32bit/64bit選択の基準●
Accessは、Officeを構成するアプリの一つですので、「bit数」はPCに現在搭載しているOfficeに合わせます。
    (※OfficeとAccessでbit数が異なる場合、AccessのPCインストールが出来ません。)
ついては、Officeのbit数に合わせて、32bit/64bit、いずれかを選択し、ダウンロード下さい。

      ≫PC搭載Officeの32bit/64bit判別方法解説

     ●Access2016ランタイム● 
         ・・・・Microsoft Office Access 2016 Runtime
     ≫Microsoft ランタイム提供ページ
bit数 ダウンロードファイル
32bit  accessruntime_4288-1001_x86_ja-jp.exe
64bit  accessruntime_4288-1001_x64_ja-jp.exe
     ●Office 365 Access ランタイム● 
         ・・・・Microsoft Office 365 Access Runtime
Access2019並びにAccess2021ランタイムはありません。
その代わりとして、マイクロソフト社は 「Office 365 Access ランタイム」の利用を案内しています。

Office 365をご利用の場合も、同様にOffice 365 Access ランタイムを利用下さい。
     ≫Microsoft ランタイム提供ページ
Webページを開いて下さい。ページの中に言語選択の項目があります。
言語を「日本語」に選択すると、「32bit版」と「64bit版」の2つのダウンロードボタンを表示します。
ご利用中のOfficeのbit数に合わせて、いずれかのダウンロードボタンをクリックして下さい。

≪Accessランタイム設定方法≫

    ランタイムの種類に応じ、下記の説明リンクボタンをクリックして、詳細説明を参照下さい。
●設定方法説明●
   ≫Access2016ランタイム 
   ≫Office 365 Access ランタイム