● 車両管理システム(Ltype) ver1.0 ●
●複数パソコン用●
●初期値・管理記録はExcel指定ファイルより読込登録●

システムの概略

  「車両管理システム(Ltype)」は営業活動に車が必須で、その管理にご苦労されている
  企業様に簡単に適確な車両管理ができるよう、Access2010 をベースに構築したシステムです。

  Access2007/2013/2016(ランタイム可) の環境でもご使用いただけます。
            (※Accessの利用は32bit版に限定 (Windowsは32/64bit版共に可))

  当システムの紹介パンフレットを準備しましたのでご利用下さい。
            ≫システム紹介パンフレット

  尚、車両管理システム(Ltype)は次の条件でのご利用を想定しています。
    ≪ご利用環境≫
    ●ネットワークを利用し、複数パソコンでのご利用。
    ●対象会社は、複数又は単独。
    ●車両台数は1,000台くらいまで。

  当システムは、顧客企業様のご要望を積み重ねて開発して参りましたので、ちょうど使い勝手が
  良い管理機能を備えています。
  システム運用者に便利で分かり易い画面構成です。

  個々の車両の標準管理データを入力することと、車両管理上、御社に必要な管理記録の項目を
  御社の管理方法に合わせて自在に変更・新設・削除できます。
  ついては、制限無くご要望通りに項目を登録し、その項目に従って管理記録データを入力して
  頂くことにより、車両の詳細な管理データを簡単且つ自在に取り出すことができます。

  更に、システムへのデータ登録に際しては、初期値並びに日々の管理記録をExcelデータからの
  読み込み方式で登録可能です。

    ≪データ登録方法≫

    ●書類等のデータを入力する場合
     ・入力画面からの手入力になります。豊富で便利な登録支援の機能を備えています。

    ●既存のコンピュータ保存データを入力する場合
     別途、外部データの読込用として車両データ登録システム(無償)を準備しています
       ≪車両データ登録システムの機能≫
        ・利用開始の初期値・・・・指定Excel様式から読込登録できます。
        ・日々の管理記録・・・・・・指定Excel様式から読込登録できます。

  登録されたデータを元に、損益管理に必要な部署別経費車両の状態を把握するための運用履歴
  燃費と走行距離の関係も効率管理の一環として把握できます
  また、法令遵守のための車検予定の把握等
  これらが一挙に簡素化・省力化され管理可能になります。

  情報出力は、車両管理者に便利な車両カード形式、全社管理部門に便利な多種類豊富な管理帳票
  を準備しています。
  また、外部でのデータ利用を可能にするためのExcel形式の出力機能をそれぞれのデータに準備
  しています。

  更に、MK工房の人事情報システムをご使用であれば、登録データの共用を可能にしています。

  情報出力は、車両管理者に便利な車両カード形式、全社管理部門に便利な多種類豊富な管理帳票
  を準備しています。
  また、外部でのデータ利用を可能にするためのExcel形式の出力機能をそれぞれのデータに準備
  しています。

  「西暦」「和暦」の選択設定により、日付欄の入力は「西暦」「和暦」何れでもデータ入力・帳票印刷が
  可能です。
  また、入力後に「西暦⇔和暦」一括切替も自在に可能で大変便利です。

  是非、本社管理業務の改善を図る為にご活用下さい。

ポイント

 ● 複数端末の同時利用が可能です。
 ● 「車両データ登録システム」(無償)を利用して指定Excelファイルから読込可能。
 ● 車両別の管理データを網羅した「車両管理カード」を作成します。
 ●      〃       を集約・分析した「車両経費カード」を作成します。
 ● 管理記録の項目は、御社の管理方法に合わせて自由に変更・新設・削除できます。
 ● 管理記録は自在に検索し、参照・印刷・Excel出力できます。
 ● 「部署別」「メーカー別」「車齢順」に整理した車両一覧データを作成します。
 ● 「リース車両」「自社購入車両」をそれぞれ整理した一覧データを作成します。
 ● 指定年度で、部署別に車検予定12ヶ月一覧資料を作成します。 
 ● 指定年度で、部署別に自動車税一覧資料を作成します。
 ● Excel形式でデータを出力できますので、データの自由な利用が出来ます。
 ● セキュリティ機能充実の為、パスワード、バックアップ、最適化の各機能を設定しました。
 ● 「暦選択」機能で「和暦」・「西暦」何れでもデータ入力・帳票印刷ができます。

車両データ登録ページ■

関連画面参照
------------


≫データ入力画面

≫管理記録画面

≫記録検索画面
      
≫初期設定画面
      
≫記録区分画面

≫車検マスタ画面

≫納税マスタ画面

≫車両一覧画面

≫記録一覧画面


車両カード印刷ページ■

車両管理カード■
登録データを、ほぼそのままの形で、カード形式で印刷します。
カード上段は、車両データ登録画面の固定項目になります。
カード下段は、自由に登録内容を設定できる、管理記録の明細データです。
※管理記録の区分項目≪リース≫〜≪走行距離≫の設定は、御社の管理に合わせて
  変更・新設・削除を自在にできます。


車両経費カード■
システムに登録したデータの中から、経費管理を重点にデータを整理・集約し、カード形式で印刷します。
カード上段は、左側に車両を特定する為の情報と、指定期間内の走行距離・燃料の効率データを記載します。
上段右側は、重点管理経費の期間内における費目別合計と、経費全体計。
下段は、管理記録の内、掲載指定対象の明細データです。
社内に配布して、経費節約に役立てて下さい。


帳票印刷ページ(1)■
帳票サンプル参照
------------

≫部署別印刷

≫車齢順印刷

≫リース先別印刷

≫購入車両印刷

≫メーカー別印刷



■帳票印刷ページ(2)■

●車検予定管理資料●

●自動車税管理資料●
ソフトダウンロード
MkCar.zip 
  上記Downloadマークをクリックすると圧縮ファイルに梱包された
車両管理システムソフトをダウンロードできます。
ダウンロード ⇒ 試用開始 ⇒ 2ヶ月間は無償のお試し期間 .


価  格       ¥21,600− (試用導入から継続使用に切替の際、お支払い価格)  

             ※1.こ使用にあたって、エラー等の異常発生時には、いつでも問い合わせ(電話・メール)に対応します。
             ※2.費用お支払いは、ご購入の際に1度だけです。サポート料等の別途費用はありません。


マクロセキュリティの設定
   お手数ですが、当ソフトをお使いの前に、Accessのマクロセキュリティを下記参照先の通り
   設定してください。
     ●参照先:■Accessマクロセキュリティ設定■

   この設定が漏れると、セキュリティ確保のため、マクロ(自動処理プログラム)に対し、起動時に
   警告メッセージを右記の通り表示し、通常使用は出来ません。


Accessランタイムの利用について
   当ソフトはMicrosoft Access2010または、Access2007/2013/2016が動作可能な環境で
   使用して頂きます。
   但し、Accessを未購入の場合、Accessに代えて、「Accessランタイム」(無償)を代用できます。
   詳細は、こちら「Accessランタイム利用について」を参照下さい。



ネットワークドライブの設定方法
   Windows7で社内LANネットワークを利用する際の、ドライブ設定方法を解説します。
   複数パソコンで人事情報システムを利用するには、サーバーにデータファイルを設置し、
   複数端末からリンク設定します。
   その設置場所として、ドライブを設置し、ドライブの下にフォルダ「MkJinjiL」を置きます。
   サーバーのドライブは自動的には、作られません。
   こちら「ネットワークドライブの割り当て方法」を参照の上、設定をして下さい。 


  
ショートカットアイコンの作り方
   ショートカットアイコンの作り方を説明します。
   こちら「ショートカットアイコンの作り方」を参照下さい。



新旧データ転記
   旧バージョンをお使いの会社で、バージョンアップされる場合はMK工房にお問い合わせ下さい。


カスタマイズ
   貴社のカスタマイズのご要望に対応いたします。MK工房にお問い合わせ下さい。